まつげのケアをする女性が増えています。
マスカラなどを日常的につけている人は、普段からまつげにダメージを与えていますから、落とした後にケアをしてあげることは大切です。
そのために、まつげ専用の美容液が発売されていますので、すでに利用されている方もいらっしゃるでしょうね。
また、まつげの育毛を考えている方には、まつげ用の育毛剤も売られています。
まつげを育てるには、このように育毛剤と美容液がありますが、このふたつが同じような商品だと思っている方も多いでしょう。
目的は、当然ながら、まつげを伸ばしたり、増やしたり、太くするのですが、実は、美容液と育毛剤は違うものなのです。
育毛剤は、医療から生まれた薬であり、髪の毛に使われる育毛剤と同じような成分が入っています。
そもそも、緑内障のための治療に使用されていた医薬成分を使って、まつげ専用に開発されたものがまつげ用育毛剤で、これは医療用となっています。
まつげ育毛剤は、医薬品と認定されているものが多く、これを買うためには医師から処方箋をもらわなければならないので、ちょっと面倒ですよね。
ですが、育毛剤は、その名前の通り、毛の発育を促進するということですから、まつげを生えさせる効果が期待できますし、医療用ということですから、育毛のための成分がしっかりと入っているのです。
一方、まつげ用美容液は、まつげが、これ以上、抜けて少なくならないように強くすること、また、今あるまつげをより太くすることなどが目的です。
⇒ まついく専用サプリ