頭頂部や生え際が気になりだしたら、早めに対処しなければなりません。
育毛剤を探してください。
そこで注意しなければならないのは育毛効果と発毛効果です。
育毛とはすでに生えている髪を元気にすることです。
それと発毛は違います。
発毛は休眠状態になった毛母細胞を活性化せて、頭皮から髪の毛を出してやることです。
医学的にはあまり違いはないかもしれませんが、本人に取っては大きな違いです。
見た目が違うからです。
髪の毛が薄くなり始めると、周りの目が気になるはずです。
それで何とか目立たなくしたいと考えるのです。
多くの人は薄くなってしまう原因について心当たりがありません。
それがわかるなら、すぐに対応していることでしょう。
ただ、育毛と発毛の違いを考えるよりも、自分の場合はどうすればいいかを考えなければなりません。
具体的には育毛剤を使用して、その効果を確認することでしょう。
育毛剤のパッケージには発毛と育毛の両方に効くと書かれているかもしれません。
重要なことは育毛剤を使用するだけでは状況は改善しないことに気づくかどうかでしょう。
日常生活の中で抜け毛の原因になりそうなことを改めてみませんか。
発毛や育毛は育毛剤を使うこと以外思いつかないかもしれませんが、食事や睡眠、ストレス解消などいろいろとやるべきことがあるのです。
まずは、育毛の考え方を調べてください。
メーカーの研究成果が図解で説明されていますが、すべてのメーカーが同じことを言っているわけではありません。