頭皮の状態が気になる人は、毎日鏡でチェックしています。
薄毛がどれくらい進行しているのか気になってしまうのです。
もちろん、市販の育毛剤をいろいろと試していることでしょう。
ただ、育毛剤だけでは明確な効果がわかりません。
育毛剤メーカーのホームページを見ると毛髪の仕組みが詳しく説明されています。
ただ、発毛の原理を知っただけで薄毛が解決できるわけではないでしょう。
ところで発毛剤と育毛剤の違いを知っていますか。
実は明確な違いはありません。
ただ、理解しておかなければならないのは毛根が頭皮の中に隠れており、抜け毛と発毛を周期的に繰り返していることです。
つまり、1本の毛髪を見ていると、抜け毛状態が長いと言うことです。
その状態の毛根が多くなると薄毛が広がって行くことになります。
発毛しない毛根は放置していると死滅してしまいます。
二度と発毛しないのです。
発毛剤は死滅しそうになっている毛根を元気にするための薬です。
もちろん、それほど単純なメカニズムではありません。
いろいろなメーカーが長年の研究によって、発毛の仕組みを解明しました。
そして、そのためにどのような処置が必要なのかを、ある程度まで明らかにしています。
ただ、決定的な決め手に欠けているのです。
インターネットでは確実な育毛が期待できると思うかもしれませんが、簡単ではないことを理解しておきましょう。
毎日の髪の手入れをしっかりと続けて行くことが重要です。
いつか元気な紙を取り戻すことができるでしょう。