育毛に関する研究は多くの企業が行っています。
その中から少しずつ明らかになってきたことがあります。
その研究成果を基にした育毛剤が販売されているのです。
研究の流れとしては、どのようなことが禿げの原因になるかと言うことと、育毛効果を高めるためにはどのような成分が必要なのかということです。
ちょっと変わったところで言えば、虫歯と禿げに関係があるという研究やiPS細胞による再生医療を育毛に応用する研究などがあります。
もちろん、自分に直接関係のない項目もあるかもしれませんが、研究の内容を読んでいると興味深いものがたくさんありますし、将来の成果を期待したいものもあります。
近い将来には薄毛が解消される治療方法が確立されるのではないかと考えられていますが、それを心待ちにしている人は多いのではないでしょうか。
残念ながら現在の研究ではすべてがわかっているわけではありません。
そのため、自分の状態を把握するための方法を知ることが重要です。
また、化粧品メーカーは独自の視点で研究を続けています。
癌と薄毛の関係も指摘されています。
ただ、これらの研究はすべて確立されているわけではありません。
今できる選択肢は市販されている育毛剤を試してみることと、美容クリニックで相談してみることでしょう。
毛根の状態にはいくつかあり、完全に毛根が死滅している場合は植毛以外に解決方法はないと考えられています。
ただ、そこまで至っていなければ、まだまだ解決方法はあります。