薄毛や脱毛に悩まされている方が対策として使う育毛剤。
最近では、様々な育毛剤が販売されており、ドラッグストアなどでもズラリと並び、気軽に買えるようになりました。
そこで悩むのが育毛剤の選び方。
いろんなタイプの育毛剤がありますが、自分の症状、原因にあった育毛剤を選ばなければいけません。
まずは自分の薄毛や脱毛の特徴を把握してから選びましょう。
そして次に気になるのはやっぱりお財布事情。
気軽に買える1,000円?2,000円程度の比較的に安く買える育毛剤から10,000円以上もする高価なものまで価格帯もピンからキリまであります。
育毛剤は、配合されている成分が商品によって違います。
今では研究が進み、次々と育毛の成分になるものが発見されています。
その成分による値段の違いがあります。
そして、同じ成分を使用していても濃度や配合・浸透性などの研究を重ねて出来たもの、時間と手間をかけて商品化されたものは値段が高くなるのは当然です。
安く手に入れ事ができる育毛剤は、合成保存料や水などが多く含まれ、有効成分の濃度が薄くなっている場合や、アルコールが多くの含まれているものは刺激を強く感じるかもしれません。
しかし、安いものでも薄毛や脱毛の原因、使用者の体質に合っていれば改善につながる場合もあります。
必ずしも高いものが良い、安いものが悪い。
という訳ではありませんので、原因とご自身の頭皮や体質に合ったもので、無理なく使える価格のものを選びましょう。