育毛剤とは、脱毛や薄毛で悩む方にとって気になる対策手段の一つです。
昔に比べ、今ではドラッグストアなどでも様々な種類の育毛剤が並べられています。
価格も様々で、どれを手に取れば良いのか悩む方もいらっしゃるでしょう。
育毛剤を選ぶにあたり知っておくべき事は、脱毛や薄毛の原因を知る事、自分の頭皮の状態や体質を知る事。
この2点が重要になってきます。
この事を知っていなければせっかく育毛剤を使用しても効果を感じる事が出来なかったり、頭皮に余計な悪影響を与え薄毛や脱毛を進行させてしまう場合があります。
そして原因と頭皮の状態を理解したならば、それに合った成分が含まれている育毛剤を選びましょう。
大きく分けて5種類のタイプの育毛剤があります。
髪が細い方向けのパントテニルエチルエーテル、ペンタデカン酸グリセリド、が含まれた毛母細胞活性タイプ。
頭皮に油脂が多い方向けのドクダミエキス、イソフラボン、が含まれた皮脂分泌抑制タイプ。
生え際や頭頂部が気になる方向けのフィナステリド、ヒオウギエキス、が含まれた男性ホルモン抑制タイプ。
頭皮の乾燥が気になる方向けのイチョウ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、フコイダン、が含まれた頭皮保湿タイプ。
血流が悪い方向けのミノキシジルが含まれた血行促進タイプ。
育毛に有効とされているミノキシジルは医薬品なので刺激が強く、副作用の心配があります。
しかし海藻由来のM-034も同等の育毛効果があると言われています。
育毛剤の箱には、配合率が高い順番でで成分の記載があります。
成分のバランスがよい育毛剤を選びましょう。