男女問わず、多くの人が悩まされるいる薄毛、脱毛。
今まで脱毛といえば、歳を重ねた年配の方の悩みとしてよく耳にしていましたが、最近では年齢に関係なく若い方や子供でも薄毛や脱毛に悩む声を聞きます。
若い方が育毛剤を購入する姿も見受けられます。
その変化には一つの原因が大きく関係しているのではないでしょうか。
その原因というのはストレスです。
ストレスといえば、昔は社会にでた大人達が荒波に揉まれ、仕事や家庭のトラブルで悩み、苦しみ、多大なプレッシャーの中ストレスを感じていました。
しかし、今の社会では、大人だけでなく子供や若者達までもが周りの環境に左右され、ストレスを抱える事が多くなっています。
各メディアでも取り上げられている通り、友人関係やイジメ問題、受験、不景気の中での就職活動、親や周囲の大人達からの虐待。
残念ながらそういった問題は昔に比べて、非常に多くなっているのが現代社会です。
そんな社会に生まれ、育った子供達の脱毛に影響を与えているのではないでしょうか。
ストレスを感じ、身体に現れる影響として、食欲不振、睡眠不足、体調不良等は目に見えてすぐに実感できるもので、比較的早く対策を練る事ができます。
しかし、脱毛に関しては気がついた時にはすでに抜けてしまっているなんて事もあります。
ストレス等の精神的疲労は脱毛の大きな原因になりますので、日々の生活環境の改善。
対策として正しい頭皮ケアを大切にする事が重要です。