発毛促進を考える場合、髪の毛の構造を知らなければなりません。
どこを刺激すれば発毛促進につながるかわかるからです。
頭皮の中に毛髪の根となる毛母細胞があります。
この毛母細胞が元気であれば、抜け毛となっても、また再生されます。
つまり、毛母細胞を元気にすることで発毛効果を得ることができるのです。
毛母細胞の中にはさらに重要な毛乳頭と呼ばれる部分があります。
ここに血液を送り込むことで毛母細胞が活性化されて、髪の毛となっていきます。
育毛剤や発毛剤などを適当につけておけば違いが出てくるわけではないことを理解しておかなければなりません。
また、血液の流れが大きく関係していることも忘れてはいけません。
抜け毛の対処は頭だけを考えているかもしれませんが、血液の流れを促進させるためには日常生活の違いも注意が必要でしょう。
例えば、毎日の食事や睡眠です。
規則正しく食べることで毛髪が元気になることが理解できるでしょう。
つまり、毛髪は健康のバロメーターと考えていいのかもしれません。
もちろん、それほど単純なことではありませんが、一つのヒントとなります。
育毛剤や発毛剤を使うことと違って、日常生活を変えるだけですから、特別なお金は必要ありません。
薄毛や抜け毛の原因を突き止めることは容易ではありませんから、できることをいろいろと試してみるのです。
その中でこれまでとの違いがあれば、それを続けて行くのです。
最後に毛母細胞の発毛サイクルは短期間ではありませんから、地道な努力が必要です。