2017年04月の記事一覧

ヘアケアは厚生労働省認可のイクオスで!

リニューアルした新イクオスでヘアケア

月別:2017年04月

育毛剤の使い方

育毛剤の使い方について考えてみましょう。
基本的な使い方は育毛剤の説明書に書かれていますから、間違うことはないでしょう。
しかし、抜け毛に効く育毛剤と評判が高くても、しっかりと守らなければならない点があります。
それはタイミングです。
これを誤っていると抜け毛に効く育毛剤の効果が半減します。
体質などによって効果が違うと言われることが多いのですが、実際には使い方が適切ではないケースもあるのです。
夜に塗るのが一般的ですが、夜と言っても時間のことではありません。
お風呂に入った直後のことです。
シャンプーで日中の汚れを洗い落とした状態の時が一番タイミングはいいのです。
風呂上りは頭皮や毛穴がすっきりして、お湯で血行が良くなった状痛いです。
抜け毛に効く育毛剤としてのレベルは違っているとしても、育毛剤はどれでも一番効果的でしょう。
ただ、時間帯もあります。
それは体の成長ホルモン分泌の時間が決まっているからです。
夜の10時から2時にホルモン分泌が多くなることがわかっています。
したがって、10時までに風呂に入って、育毛剤を付けておくことが大切です。
それでは朝の育毛剤は意味がないのでしょうか。
まったく効果がないわけではありませんが、育毛剤の説明書を読むと、夜の入浴後をすすめている商品が多いようです。
また、たくさん付けると効果が高くなると信じている人もいますが、これは誤りです。
付け過ぎは意味がありません。
高価な育毛剤ですから適量で長く使った方が得です。

薄毛に悩む人向けの髪型

薄毛、脱毛には実は色々な対策があります。
育毛剤、シャンプーや頭皮マッサージ等の日々のケア、生活環境の改善。
日々の積み重ねで対策が取れ、抜け毛を軽減する事ができます。
そして、髪型も実は抜け毛を予防する対策として重要なポイントの一つです。
薄毛に短髪が良いという話をよく耳にします。
それにはちゃんとした理由になるメリットがあります。
まずは毛根へのダメージが少ない事。
髪の毛が長いと髪の毛の重さだけで毛根への負荷がかかり、ダメージが大きくなります。
それだけでなく、やはり長ければ髪の毛が絡みやすく抜け毛や、毛穴の汚れの原因になります。
そして短髪は見た目が清潔感があり、爽やかなだけでなく、頭皮も清潔に保つ事ができます。
短髪にしておくと頭皮と毛穴のケアがやりやすく清潔に保つ事ができるので、抜け毛の原因を減らす事につながります。
また、髪の毛が短ければシャンプーと同じ様に、育毛剤が髪の毛に邪魔されず、頭皮へ直接届く事、マッサージも地肌に直接働きかけてくれるので、しっかりと浸透し、育毛剤の効果がより、期待できるでしょう。
ソフトモヒカン、ツーブロック、ショートレイヤーなど短髪にしてもオシャレを楽しめる髪型も色々あります。
今では美容室に行けばオシャレなボウズにしてくれるところもあります。
この様に、髪型を変えるだけでも抜け毛の対策ができますので、薄毛や脱毛に悩む方は短髪のヘアースタイルに変更してみるのはどうでしょうか。

抜け毛の原因と育毛剤

抜け毛の原因に応じた対策を取ることが大切ですが、どのような原因があるのでしょうか。
パソコンのし過ぎで眼精疲労となり、それが血行不良を引き起こします。
意外な抜け毛の原因となっています。
それから、ストレスは抜け毛の原因として、言われることが多いでしょう。
要するに不健康な生活は抜け毛を助長することになります。
抜け毛に効く育毛剤を探す前に、考えられる原因をなくすことが大切です。
そうしなければいくら抜け毛に効く育毛剤を使用しても、効果は半減してしまいます。
それから睡眠不足も抜け毛の原因です。
シャンプーで髪の手入れをしているつもりが抜け毛の原因となるケースもあります。
これはシャンプーの成分が体質に合っていないために起こる抜け毛です。
どのようなシャンプーがいいかはインターネットなどで調べてみることです。
シャンプーにはいろいろな種類があり、自分の頭皮の状態に合った商品を使用しましょう。
まずは、自分の頭皮や毛根の状態がどうなっているかを知ることから始めましょう。
急に抜け毛が増える場合と、年齢とともに徐々に抜け毛が増えていく場合では、その原因は異なります。
抜け毛は誰にとっても悩みとなりますが、悩むことよりも改善することを考えてください。
そうすればきっと、いいアイデアが出てくるでしょう。
髪にやさしいシャンプーを使い、毎日の体調管理をしっかりとやりましょう。
その上で育毛剤を選ぶのです。
育毛剤だけで簡単に抜け毛予防ができるわけではありません。

育毛剤の選び方 成分

育毛剤とは、脱毛や薄毛で悩む方にとって気になる対策手段の一つです。
昔に比べ、今ではドラッグストアなどでも様々な種類の育毛剤が並べられています。
価格も様々で、どれを手に取れば良いのか悩む方もいらっしゃるでしょう。
育毛剤を選ぶにあたり知っておくべき事は、脱毛や薄毛の原因を知る事、自分の頭皮の状態や体質を知る事。
この2点が重要になってきます。
この事を知っていなければせっかく育毛剤を使用しても効果を感じる事が出来なかったり、頭皮に余計な悪影響を与え薄毛や脱毛を進行させてしまう場合があります。
そして原因と頭皮の状態を理解したならば、それに合った成分が含まれている育毛剤を選びましょう。
大きく分けて5種類のタイプの育毛剤があります。
髪が細い方向けのパントテニルエチルエーテル、ペンタデカン酸グリセリド、が含まれた毛母細胞活性タイプ。
頭皮に油脂が多い方向けのドクダミエキス、イソフラボン、が含まれた皮脂分泌抑制タイプ。
生え際や頭頂部が気になる方向けのフィナステリド、ヒオウギエキス、が含まれた男性ホルモン抑制タイプ。
頭皮の乾燥が気になる方向けのイチョウ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、フコイダン、が含まれた頭皮保湿タイプ。
血流が悪い方向けのミノキシジルが含まれた血行促進タイプ。
育毛に有効とされているミノキシジルは医薬品なので刺激が強く、副作用の心配があります。
しかし海藻由来のM-034も同等の育毛効果があると言われています。
育毛剤の箱には、配合率が高い順番でで成分の記載があります。
成分のバランスがよい育毛剤を選びましょう。