タグ:育毛剤の記事一覧

ヘアケアは厚生労働省認可のイクオスで!

リニューアルした新イクオスでヘアケア

タグ:育毛剤

脱毛の原因 病気や薬の副作用編

数多くの方が悩まれている脱毛の原因は、遺伝、ストレス、食事や生活習慣など、幾つかの原因があります。
それだけでなく他にも病気や、薬の副作用が原因で脱毛になってしまう可能性があります。
例えば、ドラマなどでよく見るのはガンの治療。
放射線治療や抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ちたりする事などはご存知の方もいる事でしょう。
しかし、それは一時的な副作用で、症状が回復し、治療が終われば必ず回復します。
毛穴の中で毎日毛を作っている毛母細胞は、身体の組織の中でも特に活発に細胞分裂を繰り返しています。
その分、病気や薬の影響を非常に受けやすい細胞なのです。
病気や薬だけでなく、パーマやカラーリングなども薬品を使って行います。
特に市販のパーマ液や染髪料を使い自宅で行う際、直接頭皮や毛穴に薬液が付着したり、その薬液が毛穴を埋めてしまう事があります。
頭皮がヒリヒリすると感じるのは頭皮や毛穴が炎症を起こしている可能性もあります。
パーマやカラーリング等が絶対に脱毛の原因になるという訳では無いですが、頭皮に薬液が直接付着しない様に気をつける事。
付着したままにしない事が重要です。
ガン治療による副作用での脱毛は回復するものですが、薬液が詰まり、毛穴が呼吸できない時間が続く事で起こる脱毛や抜け毛の場合は、新しい髪の毛が生えて来ない可能性もあります。
パーマやカラーリングを行う際は対策として、頭皮や毛穴と髪の毛のために普段よりも丁寧なケアを心掛けましょう。

血行促進タイプの育毛剤

よくテレビや街中などで「M字ハゲ」や「カッパ」などと薄毛に悩む人を中傷する声を耳にする事があります。
生え際や頭頂部の脱毛や薄毛が気になる方の多くは、男性ホルモンが過剰に分泌されており、それが原因になっています。
そんな方には「フィナステリド」や「ヒオウギエキス」などの成分が含まれている育毛剤が、男性ホルモンの生成を抑える効果がありますのでお薦めしています。
しかし、男性ホルモン抑制タイプの育毛剤を使ってみて効果が感じられなかったという場合は、頭皮の血流が悪くなっているのかもしれません。
頭皮が固くなっていたら注意が必要です。
頭皮の血流が良くなければ、髪の毛に酸素や栄養が行き渡らず、抜け毛につながってしまいます。
その様な場合には血行を促進させるタイプの育毛剤があります。
頭皮の血行を促進する成分「ミノキシジル」が配合されているものです。
しかし、ミノキシジル系の育毛剤は刺激が強いので、使用には注意が必要です。
このように育毛剤にはいろんなタイプのものがあります。
ご自身の頭皮や髪の毛の状態に合わせて、適したものを使用しなければいけません。
自分に合っていない育毛剤を使うと、効果が感じられない、逆に悪影響を及ぼす事があります。
自分の症状をしっかり見きわめ、育毛剤を購入するようにしてください。
そして、なるべく頭皮や身体に優しい無添加由来の保湿成分を含んだ育毛剤を使用しましょう。
特に敏感肌の人は注意が必要です。